第二新卒okの印刷会社求人

印刷会社求人TOP >> 条件別の印刷会社求人 >> 第二新卒okの印刷会社求人

第二新卒okの印刷会社求人

印刷会社の求人の中には、第二新卒OKというものは比較的多くあります。というのも、印刷業界はどこも離職率が高く、新卒・中途採用にかかわらず常に人材を必要としているからです。

印刷業界と一口に言っても、少し調べるとその内情は企業の規模によってまったく異なることがわかります。印刷業界の構成は、シェアの80%以上を占める最大手の2社(凸版印刷と大日本印刷)、その下に位置する大手と呼べる企業が5〜10社、それ以外の無数の中小企業から成り立っています。シェアで見ると凸版印刷と大日本印刷が大部分を囲っていますが、企業数の99%は大手でもない零細企業なのです。ですから、業界全体で見ると離職率が高いのは仕方ありません。

最大手の2社とそれ以外とは同じ印刷会社といってもまったく別物と考えてよいでしょう。昨今はデジタル化・ペーパーレス化が進み、デジタルコンテンツによる情報共有サービス・情報セキュリティ・コミュニケーション全般などさまざまな分野に進出しないと収益は下がるばかりです。凸版印刷と大日本印刷の2社は、ご存じのとおり電子書籍や情報サービスの分野でもしっかり基盤を築き、健全な経営を続けています。しかし、体力のない中小企業は、大手のように思い切って舵を切ることができず、昔からの付き合いがある顧客に頼ってなんとか経営を保っているというのが現状です。おそらく、資本金1億円程度で従業員100人程度の規模の印刷工場を持つ印刷会社では、経営が安泰というところはほとんどないと言ってもよいでしょう。そのような経営基盤の不安定な企業からは人が離れるのは当然ですし、その結果、業界全体で見ると離職率が高くなってしまうのです。

ただ同時に、印刷業界を目指す若い人は依然として多いです。印刷会社の方も離職率の高さから、新卒・第二新卒・中途採用にかかわらず、新しい人材には広く門戸を開いています。ですから、第二新卒OKの求人を探すこと自体は難しくありません。ただ、上で見たように、経営が安定している印刷会社は少数ですから、どこに入るかが今後のキャリア形成に大きく影響を与えるでしょう。

今後の展望としては、従来の印刷物はもとより、デジタルコンテンツなどの新規分野でも収益を上げる企業が残っていくと考えられます。それを考慮すると、印刷業界に転職するのであれば業界のトップ10に入るような大手企業に入るのでないと、入ってからかなりの苦労が待っていることが予想されます。

印刷会社で職を探す!この5サイトは登録必須!?

  サービス名 利用料金 対応地域
リクルートエージェント 完全無料 全国対応





Copyright (C) 2014-2018 印刷会社求人サイトランキング All Rights Reserved.