工場勤務の印刷会社求人

印刷会社求人TOP >> 条件別の印刷会社求人 >> 工場勤務の印刷会社求人

工場勤務の印刷会社求人

印刷工場の求人は常時多く出ています。いわゆる印刷オペレーターという職種が中心になります。印刷業界でキャリアアップしていく人は、最初に印刷オペレーターとして経験を積むという例も少なくありません。

印刷オペレーターとは、その名のとおり印刷にかかわる機械を管理する仕事です。印刷機は巨大で取り扱いには危険が伴うので、基本的には2人以上で作業に当たります。紙、インク、ローラーなど印刷機に関するものは、すべて印刷オペレーターが管理します。また、インクの濃度や色の調整を行うのも仕事のうちで、繊細さが求められます。印刷オペレーターに転職するために特別な資格はいりませんが、最初のうちは紙を積むような下積みの仕事から始まります。一人前の印刷オペレーターとして仕事ができるまでに必要な期間は一般的に約3年と言われています。そのため、最初のうちは重労働に感じられる人も多いようです。

印刷会社の工場勤務だと、給与はどのぐらいになるのか気になる方も多いでしょう。オフィス勤務に比べて安いのではないかという声も聞かれそうですが、工場勤務はたいてい日勤と夜勤の交代制のため深夜勤手当が付くので、それなりの金額になるところが多いです。最初のうちは基本給も低いことが多いですが、年収400〜500万円台は十分に目指せる数字です。ただ、地方によって格差がありますし、印刷会社の規模によっても給与はまったく異なることは覚えておきましょう。

印刷オペレーターに転職するためにこれといった資格は必要ありませんが、パソコンをある程度扱えることは必須のスキルです。現在の印刷物はパソコンで送られるデータをもとにするため、基本的な操作法をマスターしていることと、マイクロソフトオフィスの資格がある方が有利になるでしょう。日商PC検定も持っておいて損はありません。

未経験からの転職の場合、最初はスキルがないことは仕方ないですが、ある程度の体力は求められます。紙の運搬はけっこうな力仕事ですし、印刷工場は24時間稼働しているところがかなり多いですから、生活のリズムを一定に保つことが難しいからです。ですから、けっして楽な仕事ではないということだけは知っておきましょう。

印刷オペレーターとして工場勤務を目指すとしても、キャリアアップを考えるのなら、印刷業界最大手の凸版印刷と大日本印刷のどちらかを志すことをおすすめします。印刷業界の全体のシェアのうち約8割をこの2社で占めているからです。ただ、ペーパーレス化が進む昨今、印刷以外の分野に進出する企業も増えており、工場勤務でキャリアアップを目指すには厳しい時代であるということは確かです。

印刷会社で職を探す!この5サイトは登録必須!?

  サービス名 利用料金 対応地域
リクルートエージェント 完全無料 全国対応





Copyright (C) 2014-2018 印刷会社求人サイトランキング All Rights Reserved.