激務でない印刷会社求人

印刷会社求人TOP >> 条件別の印刷会社求人 >> 激務でない印刷会社求人

激務でない印刷会社求人

激務のイメージが強い印刷会社ですが、楽な仕事の求人だって探せばいくらでもあります。しかし、その分給与が格安だったり待遇が良くなかったりするなど、仕事量が少ない代わりに妥協しなければならない点が多いのも確かです。印刷会社で激務でない仕事というと、工場作業の下働きのような、あまり高度なスキルを求められない単調な仕事になるでしょう。しかし、そういう仕事は、経験のない若い人をアルバイトや派遣、契約社員として使うというケースが多いです。ある程度の年齢を重ねており、印刷業界でそこそこのキャリアがある方、かつ、正社員としてバリバリ働きたいという方であれば、印刷会社の激務でない仕事はあまりないと考えた方がよいです。

そもそも出版や印刷の業界は忙しいことで有名です。ほぼ毎日残業で、休日出勤も珍しくなく、時には深夜に至るまで、場合によっては夜を徹してまで働かなければ間に合わないというのがこの業界です。しかも、サービス残業を強いられるところも多く、楽をしたいという方には決しておすすめできる業界ではありません。

印刷業界の仕事は、クライアントから入稿があって初めて始まります。つまり、クライアントの都合によって左右される部分が大きく、たとえ余裕のあるスケジュールを印刷会社自身が組んだところで、その通りに業務を進めることはほぼ不可能なのです。クライアントにとって、原稿を作成しそれを印刷会社に送る作業は一連の作業の最後になりますから、訂正などで遅れが出ることは日常茶飯事です。しかし、印刷会社は自身に設定された納期を守らないわけにはいかないので、短期間のうちに何としても納期に間に合わせられるよう必然的に激務になってしまうのです。

もっとも、印刷業界の最大手の2社である凸版印刷と大日本印刷なら、中小企業ほどの激務を強いられることはないと考えられます。しかし、印刷会社である以上、クライアントの入稿に左右されることは変わりませんから、印刷部門の社員でまったく激務でないということは考えにくいです。月の残業時間が100時間を超えることも珍しくないという印刷会社で、激務でない求人を探すとなると、印刷部門の中枢で活躍することはあきらめた方がよいでしょう。

労働時間がちゃんと区切られている求人には、工場でのシフト制の従業員があります。印刷工場は24時間稼働するところが多く、従業員は昼夜交代で働いています。よって、異常なまでの長時間労働は強いられないので激務ではないとは言えそうです。しかし、夜勤が伴うので、生活リズムの安定が難しいという側面はあります。

印刷会社で職を探す!この5サイトは登録必須!?

  サービス名 利用料金 対応地域
リクルートエージェント 完全無料 全国対応





Copyright (C) 2014-2018 印刷会社求人サイトランキング All Rights Reserved.