残業が少ない印刷会社求人

印刷会社求人TOP >> 条件別の印刷会社求人 >> 残業が少ない印刷会社求人

残業が少ない印刷会社求人

印刷業界は残業時間が多いことで特に有名です。たとえ求人票に就業時間が「9:00〜18:00の間の8時間労働」と記されていたとしても、それが明確に守られているような印刷会社は超大手企業を除けばほとんどないと言ってもよいです。また、残業が多いだけならまだしも、残業手当がまったく付かないというところも少なくないぐらいです。それでも、日付が変わる時間まで毎日残業し、土日や祝日も返上して働いているという人が多いのがこの業界です。

このように「残業はして当たり前、残業手当の支給はなし」というのが一般的な印刷会社の現状ですから、特に印刷部門に限っていえば、プライベートの充実を求めて転職するという方には向いていない職種です。これには印刷業界の特殊な事情に理由があります。

印刷会社は、その企業の規模にかかわらず、クライアントからの情報発信(入稿)がないことには仕事に取りかかることができません。クライアントにとって印刷会社に原稿を送るのはすべての作業のいちばん最後ですから、待たされることが日常茶飯事になっています。また、入稿の遅れや訂正が入ることなどもしばしばで、それに伴い納期はどんどん遅れていきます。したがって、原稿を受け取ってから納期に間に合わせるためには、多少の無理も避けられないのです。印刷会社側でいくら余裕のある日程を組んだところで、結局はクライアントの都合に従わざるを得ないですから、納期前の過酷な残業はなくならないわけです。

残業手当が付かないのは、社員すべての残業時間に対して手当を支給していると経営が破綻してしまうからです。印刷業界を支えているのはほとんどが地域密着型の中小企業なため、社員の残業代を犠牲にしないとやっていけないところが多いのです。月に100時間を超える残業も珍しくないと言います。このせいで実際、印刷業界を離れる人は非常に多いです。

ただ、印刷会社の仕事のすべてがこういうわけではありません。大手の印刷会社であれば印刷部門以外にも部門があるものですが、データベース管理やマーケティングなどの部門ならば印刷部門ほどの過酷な残業はないようです。印刷会社に転職したいけれど残業はあまりしたくないという方は、印刷部門以外を目指すとよいでしょう。ただし、まったく残業がないわけではありません。1〜2時間の残業はやむを得ないと思っておいた方がよいでしょう。もしくは、外資系の印刷会社に転職するという手もあります。外資系は労働時間がはっきり区切られているところが多いので、国内企業ほどの過酷な残業はあまりないでしょう。

印刷会社で職を探す!この5サイトは登録必須!?

  サービス名 利用料金 対応地域
リクルートエージェント 完全無料 全国対応





Copyright (C) 2014-2018 印刷会社求人サイトランキング All Rights Reserved.